呼吸でくびれが作れる!?呼吸とくびれの関係性とは?

「私、ズボラ女子なのできついトレーニングを続けるのはムリです!」「お腹痩せするのには腹筋を鍛えないとダメなんでしょ!そんなのムリムリ!」

なんて思っているあなた!それでもくびれは取り戻したいですよね。

結論から言いますね。
「腹筋運動をすればくびれが戻る」は違います!
そしてインナーマッスルに好影響を与える「呼吸」の仕方で、くびれを取り戻すことができます。

「腹筋をバリバリやればお腹が痩せるから、くびれも取り戻せる!」と意気込んだり、「いや、私はズボラなので腹筋やきついトレーニングはムリ!」と思い込んでいるあなた!この記事は必見です!

【この記事の内容】

  • アウターマッスルとインナーマッスルのこと
  • インナーマッスルと呼吸の関係性
  • くびれを作る呼吸法について

この記事を読むと、呼吸とインナーマッスル、そして肋骨との関係性から、どのような呼吸がくびれづくりに好影響があるかが分かります。

【この記事の信頼性】

水野 志音(みずの しおん)

美体造形家
筋膜リリースハイブリッドエステプロデューサー

日本エステティック協会認定エステティシャン
日本ダイエット検定1級
日本スーパーフード協会認定スーパーフードマイスター

これまでの施術実績は1万人以上。
数多くの女性誌にその効果を取り上げられている、
今話題の「美体造形®︎筋膜リリース」。


皆さんこんにちは。

今回はズボラ女子でもカンタンにできる呼吸法や、「呼吸」とくびれづくりの関係性についてお話をしていきます。

アウターマッスルとインナーマッスル

まずはくびれと密接な関係にある筋肉についてお話をしていきます。

 アウターマッスルとは

まずはアウターマッスルです。
このアウターマッスルは、表面に見えてくる筋肉のことで、ボディビルダーさんなどのムキムキな筋肉を想像してみるとわかりやすいと思います。

このアウターマッスルは、きついトレーニングでしなやかさや強さが生まれ分厚くなりますので、表面的に立体感のある身体になります。
そして身体を動かす時に使われる「力の大きな筋肉」で、自分で意識して動かすことができます。

しかし、くびれづくりにこのアウターマッスルは不要なんです。

なぜなら腹筋運動でお腹部分を鍛えると、表面的な筋肉がついてしまうので、かえって寸胴体型になってしまうからです。
そして、インナーマッスルである腹斜筋の筋膜癒着を剥がし、腹斜筋を柔らかくする「くびれづくりのマッサージ」がしにくくなってしまいます。

シックスパックに割れた腹筋を持つ人がくびれがあるかというと、くびれはないですよね?

ですので、くびれづくりにアウターマッスルを鍛える腹筋運動は不要なのです。

 インナーマッスルとは

そこで、インナーマッスルです!

インナーマッスルとは、身体の深部にある筋肉で、おへその奥にある腹横筋や腹斜筋といった筋肉です。

これらの筋肉は、身体を正しい姿勢に保つための筋肉で、骨や関節を支えて体の動きをサポートする役割があります。

しかし残念ながら、このインナーマッスルは自分で意識して動かすことができません。
実は鍛えづらい筋肉なんですね。
このインナーマッスルが衰えると、代謝が悪くなるため必然的に太りやすくポッチャリお腹にもなりやすいんです。

逆に言えば、このインナーマッスルが正常に働くようにすれば、姿勢も改善しますし、代謝も良くなりくびれも取り戻せます。

呼吸でインナーマッスルは鍛えられる!?

ではそのインナーマッスルはどのように鍛えるのでしょうか?
その一つに「呼吸」で鍛える、という方法があります。

人は1日にだいたい2万回の呼吸をしています。
これはほぼ無意識でしている行為なので、ほとんどが浅い呼吸になっています。

そしてポッチャリお腹の人は、普通の体型の人より呼吸が浅いと言われています。
呼吸で動いているインナーマッスルの動きが弱くなり、脂肪が燃焼しにくくなっているという悪循環に陥っているケースかもしれません。

そこで、ぜひ意識的に深い呼吸をしてみてください!
すると、インナーマッスルが動き、脂肪が燃焼しやすくなりますので、エネルギーを消費しやすい身体になります。

つまり、深い呼吸を意識してインナーマッスルを動かせばくびれを取り戻しやすいのです。

くびれづくりに最適な呼吸法とは?

では、どのように深い呼吸をしていけば良いのでしょうか?

最も現実的に実践しやすく、かつ効果があるのが、肋骨の動きを意識した深い呼吸です。
特に息を吐く時に意識をしてみてください。

息を吐くと、肋骨が内側に閉まるので肺から息が出てきますが、この時にインナーマッスルの腹横筋と多裂筋も刺激されて働きます。
これらの筋肉は息を60〜70%吐いた時に一番使われます。
鼻から息を大きく吸って、できるだけ長く、息を限界まで吐き切るようにすれば、これらのインナーマッスルが持続的に刺激され、脂肪が燃焼しやすくなります。

そして肋骨が閉まるのでくびれができやすくなり、また骨盤のゆがみなども矯正されて整ってきます。
ぜひ意識的に深い呼吸をして、肋骨の開閉を意識し、インナーマッスルを鍛えてみてください。

あわせて以下のオススメのストレッチを行っていくと効果的にくびれを取り戻せます。


まとめ

こちらの動画でも、あなたのくびれを取り戻し、美ボディを作るための方法を動画にまとめていますので、あわせてご覧ください。

YouTubeで、くびれと美ボディのつくりかたを徹底解説!
>シオンのくびれチャレンジ

いかがでしたか?
呼吸の方法を知れば、肋骨と筋肉(インナーマッスル)と連動するのでくびれが取り戻せることがお分かりいただけたのではないでしょうか。
ぜひ、以下のストレッチとあわせて効果的にくびれを取り戻してください。
くびれを取り戻すだけでなく、あなたの身体全身を整え、美しいボディラインを作ることができます。

 

40代はもっと輝ける!筋膜リリースで、あなたの「美」をこれから作っていきましょう。

もっと美を追求したい!自分一人では挫けそう…そんな方はこちら
>オンライン型くびれトレーニング

◎さらに詳しくくびれボディのつくりかたを知りたい方はこちら
>【無料eBook】「脱!コロナデブ」お腹が凹むと免疫力もアップする。運動なしでおデブ解消!無料電子書籍ダウンロード!

関連記事

  1. 1〜3分でつくる!40歳過ぎたら「つかんで引っ張るだけ」でく…

  2. 保護中: くびれがない原因は背中にあり?1日1分かんたんに姿…

  3. 筋膜リリースってそもそも何?身体を改善して「くびれ」を作ろう…

  4. 1日1分!肩こり改善しながらくびれをつくるセルフマッサージ

  5. くびれがない謎と理由!40代から目指す、ぽっちゃりお腹からく…

  6. 身体が固くてもできる!伸びるだけ!くびれた腹筋&くびれトレー…